スカルプケア用の場合にはほぼノンシリコンのシャンプーが多い

ノンシリコン

新発売されるシャンプーやリニューアルされるノンシリコンのシャンプーではスカルプケア用の場合にはほぼノンシリコンのシャンプーばかりになってきました。

 

男性は髪も短いのでノンシリコンのコーティング剤が含まれないシャンプーでも良いのでノンシリコンタイプのシャンプーが人気です。

 

抜け毛防止系のシャンプーでもシリコンが含まれていないタイプが多くなってきました。

 

私も抜け毛は気になるので洗浄力が強すぎないタイプのシャンプーを検討しています。

 

ノンシリコンのシャンプーでもやはりシャンプーのすすぎ不足には注意が必要です。

 

抜け毛が気になるとやはり育毛剤ばかりに目が行ってしまいやすいですが、抜け毛予防のシャンプーもしっかり選んでみると良いですね。

 

私も以前は育毛剤を検討してましたが、今ではノンシリコンの抜け毛シャンプーを活用しています。

 

抜け毛防止用や予防用になるとほとんどが最近ではノンシリコンが多いのですが、その際に注意しておくことがあります。

シリコンというと髪をコーティングする作用のある成分

ノンシリコン

シリコンというと髪をコーティングする作用のある成分です。

 

そのほかにもカルボマーとかありますが、静電気防止の役割もあるので、まったくすべてが害というわけでもなく利用目的によって良い面にもなるんですよね。

 

頭皮ケアの場合にでもシリコンが入っていなくても多少のコーティング系は入るので、ガッツリ髪にかかるというわけではないので、薄っぺらくかかってくるから頭皮ケアにもちょうどよいです。

 

ガッツリコーティングしたい場合にはトリートメントを使えばよいですしね。

 

頭皮のトラブルがあるような場合に使用すると非常に効果的でもあるのですが、アミノ酸系というようにアミノ酸洗浄成分が主体でない場合もあるのでししっかり選びましょう。

 

頭皮トラブルが厄介な感じで抜け毛が増えるケースもあるので注意が必要かもです。

 

髪をコーティングする作用のある成分でも基本的には体内の豊胸手術とかで使用されるのがシリコンなので安全性は高いです。

 

コーティングしなくてはいけない理由があるというのが問題なのです。

 

洗浄力が強すぎるというよりは長期的に頭皮にダメージが蓄積されやすいとかがある場合の方が大切です。

 

でも基本的に頭皮が強い場合には、市販系で問題ないと思います。

 

抜け毛が気になるとか、頭皮が弱いという方にノンシリコンでもアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

 

男性女性問わず、頭皮の汚れがスッキリするので炭を配合したシャンプーでも育毛用では炭シャンプーが人気なようです。

 

あとは配合してある量でさっぱり感など使用感が変わってきますね。

 

ノンシリコンでも色々あるので、頭皮や髪の事を考えたノンシリコンのシャンプーを活用していくのが良いですね。

 

 

 

 

ノンシリコンの抜け毛防止育毛シャンプーはどう?おすすめサイト