抜け毛の原因としてストレスも関係する?

抜け毛

抜け毛の原因として男性だと主に遺伝が大きく関係してきています。

 

遺伝が関係している中でストレスの多い環境などがあるとやはり抜け毛が増えやすい状況になりやすいとも言えます。

 

ストレスは健康に害があると言われていますが、まったくストレスなしに生きていくというのは難しいと言えるでしょう。

 

ストレスは体に活性酸素を多く発生させるという風にも言われています。ストレスがかかると交感神経が優位になりやすくリラックスするという面と逆に興奮しやすい状況になりやすいと言われています。

 

血管が収縮するので全体の血行が悪くなりがちです。またホルモンの分泌が関係してきます。

 

男性の抜け毛の場合には、ホルモンというのも非常に関係してきますし、女性の場合にも薄毛と大きく関係してきます。

 

ですので、頭皮ケアなど真っ先に目が行きがちですが、ストレスのケアなども抜け毛がある時や抜け毛予防を考えている際には非常に重要です。

 

血管が収縮して血行が悪くなるという点では、ミノキシジルなど血管拡張作用があり、またセンブリエキスなど医薬部外品でも血管拡張作用などがあります。

 

主に一般的に使用して安全性が確保されているかという面に違いがありますが、主に血管拡張作用が育毛には重要であると言えます。

 

血管が収縮してしまわないようにしていくというのが非常に重要なのは育毛にとって大切になってくるようです。

 

 

 

 

ストレスと抜け毛の関係は?おすすめサイト