シャンプーでよく使用されている洗浄成分は?

洗浄成分

シャンプーでよく使用されている洗浄成分はラウレス硫酸Naと呼ばれる洗浄成分を使用しています。

 

主に高級アルコール系として分類されていますが、石油系とも呼ばれたりしますが、厳密に言うと植物性や石油系でも両方とも生成できるので石油系というのも少し違うかもしれません。

 

ラウレス硫酸は以前シャンプーの洗浄成分として使用されていたラウリル硫酸を改良したもので、分子量が大きくなっていることから頭皮への浸透性などの緩和などが挙げられます。

 

洗浄力自体は高めでもありますが、一般的に普段使用する分には問題がないような洗浄成分です。アミノ酸系洗浄成分は今では人気となってますが、以前は頭皮の刺激を考えたシャンプーで頭皮のトラブルなどがある場合に重宝してきたシャンプーです。

 

またアミノ酸系はコンディショニング効果などが期待されるので、トリートメントなどにも配合されています。

 

シャンプーは基本的にずっと使用していけるものですが、頭皮も気づかないうちに年齢を重ねていくので、刺激が少ないシャンプーに移行していくのが大事な事です。

 

余分な汚れや油分は落としていく上でシャンプーは必要な製品です。

 

頭皮トラブルがあったりするような抜け毛が気になっている状態やフケとか気になる状態だと少し刺激が強いかもしれません。

 

育毛などを考えたスカルプシャンプーやクリニックで販売されているシャンプーなどはアミノ酸系シャンプーなどが主流になってきています。

 

地肌の傷みなどを考えるとアミノ酸系シャンプーの方が髪も育ちやすい環境と言えます。

 

アミノ酸系でも高級アルコール系洗浄成分が含まれていることもあるので、成分表などを確認しながら見てみると良いかもしれません。

 

 

 

 

 

シャンプーに使用されている洗浄成分などおすすめサイト